ワキの臭い,ワキ汗

 

ワキの臭いを消そう!ワキ汗臭くない環境づくり

ワキの臭いが発生してしまう理由

ワキが臭うのは、ワキ汗が臭っていると思われている方が大半だと思います。

しかし、汗は無臭なのです。

それを確信できるのが、お風呂でかくワキ汗の臭いです。

お風呂は暖かいので、汗をかく事が多いと思います。

しかし、お風呂でいくらワキ汗をかいても、匂いは全くしません。

それは、どうしてなのでしょうか。



汗が発生する事で細菌が繁殖してしまうので、老廃物になり臭いを発生させてしまいます。

汗も細菌も無臭ですが、それがくっつくと老廃物になり臭いを発生させてしまいます。



衣服などにくっついてしまった汗は、細菌と一緒になってしまうので、クサイ臭いを発生させてしまいます。

また、衣服が無くても、汗をいっぱいかいた事で細菌とくっつき酸化し、脇 臭いを発生させてしまいます。

汗を衣服に染み込ませ、臭いを発生させない方法

衣服に汗が付いて、臭いを発生するプロセスを遮断する為には、ワキの汗を発生させない方法が大事になります。



臭いが気になる時は、臭いが発生する前にワキ汗を拭きとってあげましょう。

一般的な除菌ウエットティッシュでOKですので、こまめにワキを拭いてあげると良いでしょう。

また、それでも気になる場合は、制汗用のシート等を使いワキを拭くと、更なる効果が発揮できます。

汗を放置せず、ワキを清潔に拭いてあげる事は、汗によるクサさを発生させづらくさせる事が出来ます。

ワキを拭くだけじゃ心配な方は、体を洗う時にも気と配ってみましょう

ワキを拭いても匂いが気になる方は、体を洗う際のボディソープを変えてみると良いでしょう。

ボディソープは色々ありますが、殺菌成分の入ったボディソープを使うと、菌を抑制する効果がありますので、細菌と反応しづらいワキ環境になります。



どうしてもワキの臭いが気になるからと、ワキをゴシゴシ洗ってしまう方がいます。

しかし、それは大きな間違いです。

肌は、肌摩擦が多くなると、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

良く顔の肌に聞く話ですが、ワキも同じ事が言えます。

ゴシゴシ強くこすると、余計に臭いを発生しやすくしてしまう事があります。

ワキを洗う時は、良く泡立てた泡をワキに付けて、泡を動かすようにワキを洗うようにしましょう。